Health

乳房再建とは

乳房再建とはどのようなものか

万が一、女性が乳がんとなってしまい手術をすることになった場合には、乳房再建ができることを知っておくことはとても大切なことです。 乳がん手術により、命は助かっても乳房は失われてしまうのです。 乳房再建手術で自分の乳房を取り戻すことが出来るのです。それにより、乳がん手術をした女性は自分を取り戻し、前向きに生きている人もいるのです。 乳がんであると宣告された時には、まず乳がんをとらなくてはという気持ちが先行してしまい、乳房再建まで気持ちがいかないものです。 しかし、再建することが出来ると知っておくことは大切なことなのです。 乳房再建手術をする場合には、患者の病気の状況によって違ってくるものです。よく医師と相談することが大切なのです。

手術の方法によるメリットとデメリットについて

乳房再建手術をする場合には、乳がん手術といっしょに行う一期再建と、乳がん手術後しばらくしてから行う二期再建があります。 一期再建は、二期再建より手術の回数が少なく身体的にも経済的にも負担が少ないとうメリットがあります。しかし、乳房の大きさなど、どうするか考える余裕がないというデメリットがあります。 二期再建は、乳がんの手術をしっかり行うことが出来、乳房の大きさや希望を伝えることが出来るなどのメリットがあります。 どちらにするかは、患者の病状や医師の判断で変わってくるものです。 乳房再建をする時には、医師とよく相談することが大切となるのです。 乳がんのために乳房を失ってしまった女性も、自信をもち新たな気持ちで明るく生きていくことができるのです。