風営法に掛かる許可申請

書類

許可申請が必要な業種

事業を開業するさいには業種によっては行政に対して許可申請が必要なケースがあります。この中でも特に人に対して何らかのサービスを提供する業種においては風俗営業法(風営法)の制限を受けます。風俗営業では1号はキャバレー、料理店、カフェなど、2号は低照明飲食店、3号は区画席飲食店、4号は麻雀、パチンコなど、5号はゲーム機設置営業と定められています。これらの業種のお店を開業するためには風営法に基づき風営許可申請を行って、所管する都道府県の公安委員会から許可を得る必要があります。風営許可申請は警察が行っており、公安委員会によって許可されます。風営許可申請ではルールに則っていなければ許可は下りません。許可を受けられない地域がありそのような場所では許可は下りません。また学校、図書館、児童福祉施設、病院および入院施設のある診療所なども付近で営業することができません。いずれにしても風営許可申請をするさいにはそれらのルールに引っかかっていないか確認することが必要です。風営許可申請は、古物商などと比べると厳しいため、申請をするさいには専門家の指導を受ける方が早く行うことができます。特に必要とする書類が多くあり、それらを揃えるだけでもそれなりの日数が掛かります。警察署で助言を受けながらでもルールをクリアしていれば開業が可能ですが、風営許可申請をする場合にはそれらを専門にしている行政書士に依頼する方が早く許可を得ることができます。

PICK UP

Copyright© 2017 男女間のトラブルを解決しよう|弁護士に相談するメリットを紹介 All Rights Reserved.