口座凍結を短期間で解除

一家

職権での代理取得が可能

人が亡くなると相続が発生します。また、金融機関が相続が開始されたことを知った場合には、被相続人の預金口座は凍結されます。これは奈良県内の全ての金融機関で同様です。葬儀や納骨、香典返しなど人が亡くなると多くのお金がかかりますが、口座凍結の解除のためには必要書類を全て揃え金融機関に提出する必要があります。専門的な知識がなければ短期間で必要書類を集めることは困難なため、奈良県内の弁護士または司法書士に相談しましょう。奈良県で活躍している弁護士と司法書士は、職権で戸籍謄本や住民票を代理で取得できます。金融機関に提出する書類の中で揃えることが困難であるのが、被相続人の出生から死亡までの連続した除籍です。最後の本籍地の市町村区役所だけでは全ての除籍は揃うことはなく、これまで本籍地を定めた各地の市町村区役所に請求しなければなりません。弁護士と司法書士は依頼者に代わり全ての除籍を取り揃えてくれるため、わずか1週間ほどで口座凍結を解除できます。また、遺言書がない場合には、金融機関に遺産分割協議書を提出しなければなりません。弁護士と司法書士は遺産分割協議書の作成サポートも行っており、ワンストップで必要書類を全て揃えることが可能です。さらに弁護士であれば相続人間の紛争、司法書士であれば不動産の名義変更登記の相談もできます。口座凍結解除だけではなく、相続に関する総合的な相談ができるのは嬉しいポイントです。奈良県の弁護士と司法書士の多くが、無料での相談に対応しています。相続が発生した場合には早期に相談することで、余計な負担に悩むことがなくなるでしょう。

PICK UP

Copyright© 2017 男女間のトラブルを解決しよう|弁護士に相談するメリットを紹介 All Rights Reserved.